まずはカタログを取り寄せよう

注文住宅の新しい形である、セミオーダーに注目している人が増えてきました。セミオーダーとは、ある程度決められている間取りの中から好きな物を組み合わせ、外観や屋根の形状などと組み合わせて自分たちの希望する家づくりをすることです。 窓の位置など細かな部分を選ぶことはできませんが、内装などは自分たちで好きなものを選べます。フルオーダー住宅よりも制限されていますが、建売住宅よりもはるかに自由度の高い住まいづくりができるといわれており、快適な住まいにしやすく、注文住宅としては価格を抑えやすいのが特徴です。大手ハウスメーカーをはじめとして複数の住宅メーカーで取り扱っているため、メーカーごとの特色をホームページから確認し、予算やコンセプトと相性の良いメーカー複数社からカタログを取り寄せてください。

自分で動いて確認して決める

カタログを取り寄せたら、どんな部分にメリットがあるのか、完成する家のある程度の予想図などについて把握することが望ましいでしょう。住宅設備など様々な部分に対して確認しておくことは必要です。 もし近隣にハウスメーカーのモデルハウスや住宅展示場があれば、足を運び、セミオーダー住宅について検討している旨を伝えてください。モデルハウスを確認しながら担当社員の話を聞き、セミオーダー住宅について知識を深めましょう。見学会などがあれば参加するとさらに決め手としやすいです。複数のメーカーのモデルハウスや住宅見学会に参加して、納得できる形が固まったら、そのメーカーに見積もりをもらってください。2つか3つくらいのメーカーから見積もりをもらい、家族と相談して決めるといいでしょう。

新築一戸建ては、新しい素材や家族の希望に合ったデザインを選択できることや、購入後にリフォームをして不便なところを改善しやすいといったメリットがあります。