費用がどうしても高くなります。

フルオーダータイプで注文住宅を建てるデメリットとしてまず挙げられるのが、やはり何と言っても費用がどうしてもかかるという点です。標準的な仕様で数多く販売する分譲住宅とは異なり、フルオーダータイプの注文住宅ではオリジナリティー溢れる仕様となり、資材や設備などは特殊なものが使われるケースが多いため、どうしても価格は高くなります。ただ、近年ではハウスメーカーによるコストカットが行なわれており、コストカット分は顧客に還元するといった政策が採られているため、一昔前に比べると価格的には下落している傾向となっています。こうした状況から以前に比較してフルオーダータイプの注文住宅は購入しやすくなっていると言えます。

工期が長くなります。

また、フルオーダータイプの注文住宅のもう一つのデメリットとして挙げられるのが工期の問題です。すなわち、特殊な資材や設備を使用していることが多いことから、それらの資材や設備の調達に時間がかかることとなります。また、工法についても特殊な手法が導入されることが多いですが、それに対応する職人の数は少なく、そのため職人の手配にも時間を要すこととなります。こうしたことから、一般の注文住宅に比べて、工期に時間がかかることとなります。ただ、これについても最近は職人のスキルも飛躍的に向上しており、フルオーダータイプの注文住宅にも迅速に対応できる体制が構築されつつあります。このため、以前ほど工期は長くなっていません。

分譲住宅を買うときには、必ず払わなくてはいけない固定資産税について、あらかじめ把握しておかなくてはいけません。

●リンク●●紹介文●