フルオーダータイプに比べると選択肢の幅が狭い

セミオーダータイプの注文住宅は、ハウスメーカーが用意してくれた選択肢の中から自分好みのものを選び、組み合わせることで自分の理想の家を作っていきます。そのため、ゼロから家づくりに携われるフルオーダータイプの注文住宅に比べると、「選択の幅が狭い」というデメリットがあります。家づくりにこだわりがあり、理想の家の形、間取り、使いたい建材などが明白な施主にとっては、物足りないと感じられる可能性があります。 一方で、家に対する具体的なイメージがそれほどない人にとっては、選択肢が限られたセミオーダータイプのほうが、都合がいいかもしれません。また選択の幅が狭いといっても、フルオーダータイプと比較しての話であり、建売住宅に比べればはるかに自由度が高いです。十分に自分好みの家を作ることができるでしょう。

どんな土地でも家を建てられるわけではない

セミオーダータイプの家は、フルオーダータイプの注文住宅とは違い、半規格化されています。家の形や大きさがある程度決まっているため、狭小地や三角地など、特殊な土地には家を建てられないことがあります。すでに狭小地などの土地を持っている人は、セミオーダータイプの注文住宅ではなく、フルオーダータイプの注文住宅で家づくりをしたほうがいいでしょう。 また、セミオーダータイプの注文住宅を選んだうえで、家の形や間取りに特殊な要求を出した場合、フルオーダータイプの注文住宅と変わらない費用が掛かってしまうことがあります。そうすると、セミオーダータイプのメリットである「費用の安さ」という特徴が消えてしまいます。ハウスメーカーが用意した選択肢の中で、最善の組み合わせをして理想の家を生み出せば、セミオーダータイプが持つコスパの良さという利点を生かせるはずです。

一戸建て住宅は、マンションやアパートなどの集合住宅ではなく、一棟で一戸の家屋です。メリットは、集合住宅よりも生活音などのトラブルが起きにくいことです。