専門的な知識がなくても簡単に家を建てられる!

セミオーダータイプは、フルオーダータイプと違いある程度規格が決まっています。そのため、全てを1から自分で選ぶ必要はありません。フルオーダーなら、木材や細かな間取りなど、全てを自分で選ぶことができますが、それをするためには専門的な知識も必要になってきます。建築に使われる木材や壁に使われる素材など、それぞれの特徴を把握した上で選ばなければならないので、かなりの手間がかかります。 セミオーダーなら基本的な部分はある程度決められているので、壁の色合いや大まかな間取りなど、気になる部分だけを自分でオーダーすればOKです。自由度が若干下がってしまいますが、一般の人が気にするような部分はセミオーダーでも十分カスタマイズできるので、気軽に注文住宅を建てたい人にはセミオーダーがおすすめです。

コストを抑えて注文住宅を建てられる!

注文住宅は高いというイメージがあるかもしれませんが、セミオーダーならフルオーダーに比べればだいぶ安く家を建てることができます。なぜかというと、セミオーダーは予め住宅の規格が決まっているので、コストを省くことができるからです。1から依頼者の注文通りに家を建てるフルオーダーは、工賃や材料費がどうしても高くなってしまいます。セミオーダーなら、建物の基本的な仕様が決まっているため、リーズナブルに家を建てることができます。また、自分でカスタマイズできる部分もコストカットすれば、さらに費用を抑えることも可能です。色々カスタマイズをして自分好みの家を建てたいけれどそれほど費用は出せない、そういう人はセミオーダーで注文住宅を建ててみてはどうでしょうか。