フルオーダータイプの注文住宅

自分の考え通りの住宅を建築できるのが、フルオーダータイプの注文住宅の魅力です。土地の取得から、家屋の形状に至るまで、自分の希望通りに仕上げられます。ここでは、注文住宅をフルオーダータイプで建てる場合のメリットやデメリット、選び方を紹介します。

フルオーダータイプで注文住宅を建てるメリット

フルオーダータイプの注文住宅を建てると、設計の段階から家づくりに携わることができます。まさに一から家づくりに携われるというメリットがあります。家を建てたいと思う人の中には、自分の理想の家のイメージ…

フルオーダータイプで注文住宅を建てるデメリット

フルオーダータイプで注文住宅を建てるデメリットとしてまず挙げられるのが、やはり何と言っても費用がどうしてもかかるという点です。標準的な仕様で数多く販売する分譲住宅とは異なり、フルオーダータイプの注…

フルオーダータイプで注文住宅を建てる際の選び方

対応している建築工法から絞り込む

注文住宅ならば無制限に自由な設計が行えるとは限らず、建築時に採用する建築工法により荷重制限や外せない柱があるために部屋の広さに制限があります。全てのハウスメーカーがあらゆる建築工法を採用していることはなく、1種類または数種類のみの建築工法を採用しているにすぎません。在来工法専門の工務店がある一方で、重力鉄骨に強い大手ハウスメーカーがあるといった違いによりフルオーダーで注文住宅を建築する際にもある程度依頼するハウスメーカーを絞らなければならないわけです。そして、実現したい間取りを実現可能な工法で絞り込めば、比較的スムーズに対応可能なハウスメーカーを探しやすくなります。最終的に残った会社へ見積もり依頼を出して、依頼する所を選べば満足できる発注ができるはずです。

対応オプション数とアフターサービスの違いで選ぶ

フルオーダー可能な注文住宅では、基本設計を終えた後に追加や変更を行うオプション工事が発生しがちです。なぜなら、注文住宅をフルオーダーするからには、完成するまでの間はある程度微調整が可能だと考えている施主が多いからです。しかし、実際には建築工法により対応可能なオプション数に違いがあります。また、設計変更手数料といったオプション料金に相当する金額は、各ハウスメーカーにより大きな違いがあります。さらに、建築引き渡しが完了して以降も定期的なメンテナンスを行う必要があるからこそ、アフターサービスの充実度で選ぶことが注文住宅では重要なポイントです。実際に一度フルオーダーで注文住宅を建築すると、建て直しを行う際にも同じハウスメーカーを使うことが珍しくないほどです。

セミオーダータイプで注文住宅を建てる場合

骨組みや間取りなど基礎的な部分以外をアレンジするのがセミオーダータイプの注文住宅です。フルオーダータイプに比べ、時間をかけずに家を建てられるのが特徴です。ここでは、セミオーダータイプで注文住宅を建てるメリットやデメリット、選び方を紹介します。

セミオーダータイプで注文住宅を建てるメリット

セミオーダータイプは、フルオーダータイプと違いある程度規格が決まっています。そのため、全てを1から自分で選ぶ必要はありません。フルオーダーなら、木材や細かな間取りなど、全てを自分で選ぶことができま…

セミオーダータイプで注文住宅を建てるデメリット

セミオーダータイプの注文住宅は、ハウスメーカーが用意してくれた選択肢の中から自分好みのものを選び、組み合わせることで自分の理想の家を作っていきます。そのため、ゼロから家づくりに携われるフルオーダー…

セミオーダータイプで注文住宅を建てる際の選び方

注文住宅の新しい形である、セミオーダーに注目している人が増えてきました。セミオーダーとは、ある程度決められている間取りの中から好きな物を組み合わせ、外観や屋根の形状などと組み合わせて自分たちの希望…